果樹関係試験研究の成果

平成28年度
  1 甘ガキを原料とした二段階乾燥法によるソフトタイプの干し柿製造法

平成27年度
  1 アメダス気象情報を利用したイチジク黒葉枯病初発日の予測
  2 カキ「秋王」の2年生ポット大苗を用いた早期樹冠拡大
  3 マスカット香のある早生黒色系ブドウ新品種「涼香」

平成26年度
  1 カキ新品種「秋王」の品種識別
  2 年2回接ぎ木と補光によるカキ「秋王」穂木の早期大量増殖
  3 カキの低樹高ジョイント仕立てによる早期成園化と省力・軽労化
  4 株枯病抵抗性「キバル」台イチジク苗の早期育苗技術
  5 スモモ「貴陽」のジベレリン処理による収量安定確保

平成25年度
  1 無加温ハウス栽培によるイチジク「とよみつひめ」の高品質トラック輸送技術
  2 大果で良食味の黄色系キウイフルーツ「甘うぃ」

平成24年度
  1 「とよみつひめ」のトラック輸送を可能にする光殺菌技術
  2 「とよみつひめ」におけるイチジク黒葉枯病の総合的防除体系
  3 9月下旬から出荷でき食味が優れる極早生温州ミカン「早味かん」
  4 キウイフルーツ「レインボーレッド」の簡易雨よけ栽培による晩霜害軽減

平成23年度
  1 世界で初めて育成した九倍体甘ガキ品種 「秋王」
  2 ネーブル斑葉モザイクウイルスのモノクローナル抗体の作出とイムノクロマト・キットの作製

平成22年度
  1 カキの糖蜜漬けの製造方法
  2 気密性を高めた改良段ボールによるカキの簡易貯蔵技術
  3 カキのフジコナカイガラムシに卓効がある殺虫剤の樹幹塗布
  4 皮ごと食べられ省力栽培できる無核赤系ブドウ「秋鈴」
  5 作業性に優れたイチジク「蓬莱柿」の平棚H型整枝
  6 カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルス(ASGV)を迅速・簡易に診断するイムノクロマトキットの作製
  7 連作ほ場で収量低下が少ない株枯病抵抗性イチジク台木品種「キバル」
  8 温州萎縮ウイルスおよびリンゴステムグルービングウイルスの同時診断キット
 

平成21年度
  1 カンキツ新品種「果のしずく」の加工特性
  2 フェロモントラップによるフジコナカイガラムシ防除適期の予測法
  3 DMI系剤と保護殺菌剤の混用散布を柱にしたナシ黒星病の防除体系
  4 カキの超低樹高一文字仕立てによる軽労安定生産
  5 福岡県におけるモモ新品種「つきあかり」の特性
  6 カンキツ「不知火」の無加温ハウス栽培による早期成園化と外観向上

 

平成20年度
  1 フライト便を利用した京浜地域向けイチジクの流通技術
  2 イチジクの袋掛け栽培による腐敗果防止効果
  3 新病害キウイフルーツすす斑病の病原菌
  4 ブドウ種なし「巨峰」の電照処理による果粒の肥大促進と花穂の確保
  5 側枝への環状剥皮によるカキ「富有」の果実品質の向上
  6 無袋栽培で盆前出荷できる食味良好な早生青ナシ新品種「なつしずく」
  7 オレンジ香でフレッシュジュースに適した「カンキツ福岡2号」の育成
  8 イチジクSTSマーカーによる品種「とよみつひめ」の識別
  9 イチジク開花制御遺伝子FcFTの単離とその機能
 10 ブドウ食味関連形質の品種間差異と年次変動性の評価
 11 ヒリュウ台利用による高糖系温州ミカンの連年安定生産技術
 12 ニホンナシ‘幸水’の加温栽培における発芽不良障害の発生要因
 13 リンゴステムグルービングウイルスに対するモノクローナル抗体の作出と酵素結合抗体法(エライザ法)への利用

 

平成19年度
  1 チャバネアオカメムシの移動能力と移動パターン
  2 白色反射シートによる果樹カメムシ類飛来軽減効果
  3 カキ炭疽病の発病診断に基づいた効率的防除体系
  4 カキ「早秋」の摘蕾ならびにシートマルチによる外観品質の向上
  5 土壌水分管理モデルへの誘導による極早生温州ミカンの高糖度化
  6 ブドウ「巨峰」無核果実の成熟過程における品質の特性
  7 ブドウ無核「巨峰」の果実品質向上のための環状はく皮処理時期の拡大
  8 イチジク「桝井ドーフィン」の株枯病抵抗性台木を用いた改植更新技術
  9 イチジク「蓬莱柿」の株枯病抵抗性台木を用いた改植更新技術
 10 四倍体ブドウ台木と四倍体台接ぎ木苗の特性
 11 酵素結合抗体法(ELISA)における3種カンキツウイルスの同時検定法
 12 気候温暖化による温州ミカンの品質低下の品種間差
 13 グラニエ法による温州ミカンの樹液流を利用した水分ストレス診断法

 

平成18年度
  1 露地栽培「巨峰」におけるブドウ晩腐病の多発要因
  2 フジコナカイガラムシの天敵が効率的に採集できる天敵誘引トラップ
  3 フジコナカイガラムシの合成性フェロモンに対する雄誘引性
  4 土着天敵を活用したカキ害虫のIPMモデル
  5 カキ実生の試験管内コルヒチン処理による染色体倍加
  6 カキ「早秋」の結果特性
  7 福岡県におけるカンキツ新品種果実の品質と耐寒性
  8 イチジク果実への袋掛けによるスリップス被害と腐敗果発生の防止
  9 イチジク「蓬莱柿」の冬季の切り返しせん定による収穫ピークの分散
 10 日本ナシ‘幸水’のショ糖溶液を用いた人工受粉技術
 11 温州萎縮ウイルス診断用イムノクロマト・キットのための簡易磨砕容器の使用法

 

平成17年度
  1 集合フェロモン剤に誘引されたチャバネアオカメムシの分布
  2 ブドウ「翠峰」の簡易被覆平行整枝栽培における結果母枝5芽せん定による花穂の安定確保
  3 ブドウ「ピオーネ」の二度切り栽培における花穂原基の分化実態
  4 収穫後の1-MCP処理によるカキ「伊豆」の軟化抑制
  5 コルヒチン処理によるカンキツ台木用四倍体カラタチの作出
  6 カンキツ台木用三倍体カラタチの作出
  7 酵素結合抗体法(ELISA)における温州萎縮ウイルス(SDV)およびリンゴステムグルービングウイルス(ASGV)の同時検定法
  8 温州萎縮ウイルスを迅速・簡易に診断するイムノクロマト・キットの作製
  9 早生温州ミカンの樹冠上部摘果による隔年結果軽減効果
 10 ヒリュウ台温州ミカンの着花安定のための結果母枝長と着果数 
 11 カキ「太秋」の平棚栽培による早期収量確保

 

平成16年度
  1 ブドウ晩腐病菌(Colletotrichum acutatum)の選択培地
  2 フジコナカイガラムシの寄生蜂フジコナカイガラクロバチおよびフジコナカイガラトビコバチの特性
  3 カキ害虫フジコナカイガラムシの土着天敵フジコナカイガラクロバチに対する農薬の影響
  4 年内成熟で多汁で食味良好なカンキツ新系統「福岡1号」の育成
  5 温州ミカンのシートマルチ処理による増糖効果の品種間差異
  6 温州ミカンの高うねマルチ栽培における被覆尿素肥料を用いた施肥技術
  7 ヒリュウ台温州ミカン「大津四号」の早期樹冠拡大のための結果開始時期
  8 早生温州ミカンの高うねマルチ栽培による省力および収益性効果
  9 カキ平棚栽培での多目的ネット被覆による殺虫剤削減効果
 10 カンキツエクソコーティスウイロイド(CEVd)強毒株を識別する特異プライマーの開発と弱毒候補株の干渉効果
 11 カンキツウイロイドの複合感染によるエトログシトロンの病徴と光合成能
 12 チャバネアオカメムシの増殖源としてスギはヒノキより劣る
 13 キウイフルーツのショ糖溶液を用いた人工受粉における花粉の適正希釈倍率
 14 カンキツほ場で確認されたカンキツウイロイドの複合感染事例
 

平成15年度
  1 カキ害虫フジコナカイガラムシの土着天敵類
  2 着色の優れたブドウ「ピオーネ」の優良系統の選抜
  3 コルヒチン処理により育成したブドウ四倍体系統の生育および果実の特性
  4 カンキツ新品種「口之津32号」の県内における生育特性と果実品質
  5 早生温州ミカン「原口早生」の早期マルチ処理による果実品質向上
  6 早生温州ミカンの高うねマルチ栽培における収穫の作業性
  7 ジベレリンペースト処理したニホンナシ「幸水」の果実品質
  8 カキ「伊豆」のへたすきおよび果実軟化軽減のための早期摘蕾と適正結果量
  9 試験管内におけるコルヒチン処理によるイチジク四倍体の作出
 10 イチジク新品種「姫蓬莱」における整枝法
 11 試験管内コルヒチン処理による四倍体ブドウ台木の作出
 12 組織培養で増殖したカンキツの台木「ヒリュウ」の短期育苗法
 13 カンキツウイロイド病被害軽減のための弱毒ウイロイド候補株の収集
 14 リンゴステムグルービングウイルス(ASGV)を高精度で検出できる新しいRT−PCR法の開発
 15 スモモから新たに見出したホップわい化ウイロイド(HSVd)の変異株とその塩基配列
 16 ブドウ新品種「シャインマスカット」の福岡県における特性
 17 極めて良食味なイチジク新品種候補「H156−70」の育成

平成14年度
  1 早生温州ミカン優良系統「福岡3号」、「福岡4号」の果実品質特性
  2 温州ミカンの隔年結果性と結果母枝の花芽分化特性との関係
  3 急傾斜地でのカキの平棚栽培における収量、果実品質、作業性および整枝法
  4 カキ「西村早生」のヘタスキ・果芯黒変が軟熟果の発生に及ぼす影響
  5 ウイルスフリーブドウ「巨峰」の生育特性および適正結果量
  6 イチジク交雑実生のコルヒチン処理による倍数体の作出
  7 ウイルスに混合感染したブドウ「巨峰」の果実品質
  8 台木品種やウイルス・ウイロイド保毒と「太田ポンカン」 の生育および果実品質
  9 カキの大苗育苗用栽培容器と用土 

平成13年度
  1 中晩生カンキツ「はるみ」の露地栽培における年内収穫果の品質と浮皮防止技術
  2 カンキツ「山見阪ネーブル」の生産性向上のための台木選定
  3 露地栽培温州ミカン「興津早生」の結果母枝の切り枝水挿し法による着花数予測
  4 温州ミカン「興津早生」の枝別全摘果で発生する夏枝利用による隔年結果防止
  5 温州ミカン「山下紅早生」の高うねマルチ栽培における樹の生育、収量及び果実品質
  6 温州ミカン「山下紅早生」の高うねマルチ栽培における施肥量と樹の生育、収量及び果実品質
  7 温州ミカン園での園地改造に伴う収量、果実品質、収穫時間の変化
  8 温州ミカン園でのスピードスプレーヤ(SS)防除による薬液付着特性
  9 ハウス内の根域制限栽培における温州ミカンの点滴かん水の節水効果
 10 極早生温州ミカン「日南1号」の早期マルチ処理による果実品質向上
 11 ヒリュウ台温州ミカン「大津四号」の早期樹冠拡大法
 12 ヒリュウ台利用による温州ミカンの糖度上昇効果と樹体生理的特性
 13 福岡県におけるカキ「早秋」の果実品質特性
 14 カキ「新秋」の雨よけボックス栽培における用土量の違いと収量、品質、樹の大きさ
 15 カキ「西村早生」および「太秋」の花芽分化
 16 カキ「西村早生」および「太秋」の雌花と雄花の着花特性
 17 カキ「西村早生」の切り枝を用いた冬季せん定直前の着花予測法
 18 イチジク果実の生育日数と生育期間中の積算温度による収穫期の予測
 19 イチジク「蓬莱柿」の平棚栽培での着色向上のための適正な新梢密度
 20 イチジク「蓬莱柿」の適熟直前における果皮色の変化
 21 イチジク果実の小果に含まれるアントシアニンの組成と含量の品種間差異
 22 イチジク「蓬莱柿」の可食部に含まれるアントシアニン含量の結実部位間の差異
 23 ブドウ品種「翠峰」の果点発生軽減方法
 24 カキ「新秋」のボックス栽培における用土の種類、量および施肥量
 25 カキのボックス栽培における品種特性
 26 カキ果実の成熟に伴う果肉中のカロテノイド含量の変化
 27 カキ雨よけ栽培による果肉中のカロテノイド含量の変化
 28 カキ「伊豆」のウイルス病類似症状樹で認められた接ぎ木伝染性病害

平成12年度

 1 中晩生カンキツ新品種「はるか」の収穫適期と果汁の糖、有機酸組成

 2 日本ナシの新品種「筑波45号」、「筑波48号」の特性

 3 モモ新品種「なつおとめ」の特性

 4 遺伝子診断法による温州萎縮ウイルスの検出

 5 カラタチ台早生温州の樹体に対するカンキツのウイロイドの影響
 6 カキの平棚及び立木栽培樹における各器官の構成割合と果実生産力

平成11年度

 1 ヒノキ球果に形成される口針鞘数とカメムシ類のヒノキからの離脱時期
 2 野外におけるチャバネアオカメムシ合成集合フェロモン製剤の有効期間
 3 ブドウ品種「翠峰」のジベレリン処理による無核果実安定生産技術
 4 ウンシュウミカン「山川早生」に適する台木「ポメロイ」の選定
 5 県内に有望な中晩生カンキツの無加温ハウス栽培での特性
 6 日本ナシ新品種「あきづき」の特性
 7 カキ「新秋」の雨よけ栽培による品質向上
 8 カキ平棚栽培における適正結果母枝数と着果数
 9 カキ平棚栽培における幼木から育成する場合の適正主枝本数
10 イチジク栽植後の収量の経年変化
11 ブドウ品種「宝満」、「博多ホワイト」、「翠峰」及び「陽峰」の加温栽培における果実品質
12 ブドウ品種「宝満」、「博多ホワイト」および「陽峰」の果房重と果房の外観品質の等級割合
13 ブドウ品種「博多ホワイト」の優良果房生産のための花穂の切りつめ方法
14 ブドウ品種「翠峰」の優良無核果実生産のための花穂の切りつめ程度
15 中晩生カンキツ「天草」の高品質果実生産のための収穫適期および退色防止
16 樹勢の強いカンキツ「清見」に対するわい性台木の効果
17 カキ平棚栽培における管理作業時間短縮のための冬季のせん定技術
18 カキ平棚栽培における樹冠内の果実重および着果数の分布

平成10年度
 1 アイノキクイムシによるイチジク株枯病菌の媒介
 2 ヒリュウを台木としたカンキツ品種のハウス高うね栽培での生育および収量
 3 温州ミカンの有機酸組成に及ぼす品種・地域およびフイルムによる土壌水分制御の影響
 4 日本ナシ「新高」の比重によるす入り果の判別および発生予測法
 5 カキの平棚栽培による作業能率向上と労働負担の軽減
 6 イチジク果実の成熟期における肥大機構と水管理
 7 イチジク果実の糖組成の品種及び部位別変動
 8 カンキツエクソコーティスウイロイド汚染器具の簡易消毒法
 9 組織培養で増殖したカラタチ「ヒリュウ」の畑土壌を使った簡易な挿木法
10 土壌の加湿状態が施設栽培ブドウ「巨峰」の葉焼け発生に及ぼす影響
11 ヒリュウ台による温州ミカン「今村温州」の樹冠制御と果実品質向上効果

平成9年度
 1 カキのフジコナカイガラムシの効率的防除法
 2 カキの開花期の降ひょうが着果及び果実品質に及ぼす影響
 3 開花期にひょう害をうけたカキ樹の次年度の着蕾確保技術
 4 キウイフルーツ果実軟腐病の感染時期
 5 イチジクの発芽期から秋果収穫始期までの有効積算温度

 

平成7年度

1 ブドウ新品種福岡7号「陽峰」の育成
2 温州ミカンの施設栽培における根域制限程度と果実の収量及び品質
3 根域制限を行った施設栽培温州ミカンの着果程度と収量、品質
4 福岡県におけるカキ新品種「太秋」の特性
5 スモモ新品種「筑波5号」、「ハニーローザ」の特性
6 透湿性シートのマルチによるカキ果実の品質向上
7 透湿性シートマルチによるモモ果実の品質向上
8 スモモウイロイド病罹病樹の果実品質の特徴
9 スモモウイロイド病の器具伝染防止法

10 CTV弱毒系続「HM−55」の接種による強毒系統感染の防止効果

 

平成6年度

1 ぶどう新品種「翆峰」の育成

2 温州みかんの早期加温栽培における果実品質向上のための温度管理法

3 DTS(温度変換日数)法による温州みかんの満開期予測

4 日本ナシの高接ぎ更新における中間台木の違いと「幸水」の樹勢

5 キウイフルーツの早期樹冠拡大のための整枝せん定方法

6 日本ナシ「幸水」の過繁茂防止のための冬季せん定法

7 日本ナシ「幸水」の枝葉の充実のための収穫後のせん定法

8 日本ナシ「幸水」の高品質安定生産のための好適生育基準の指標化

9 ももの高品質安定生産のための好適生育基準の指標化

10 すももの高品質安定生産のための好適生育基準の指標化

11 日本ナシ「幸水」の収穫後のわらマルチによる根群活性化

12 かんきつ「清見」の低温長期貯蔵技術

13 日本ナシ「豊水」の貯蔵技術

14 かき灰色かび病に有効な防除薬剤

15 いちじくにおけるキボシカミキリの羽化消長

16 スモモウイロイド病の発生実態と伝染様式

17 カンキツトリステザウイルス弱毒系統を接種した宮内伊予柑の生育

18 ウイルスフリーぶどう「巨峰」若齢樹の特性

19 かんきつ苗木生産における適正な窒素量と堆肥の施用効果

 

平成5年度

1 温州みかんの完熟栽培による果実品質向上

 完熟栽培温州みかんの隔年結果防止対策

3 かきの樹上軟熟果の発生要因と防止対策

4 台風による早期落葉がキウイフルーツ樹に及ぼす影響と翌年の着花確保対策

5 台風による早期落葉がかき樹に及ぼす影響と翌年の結実確保対策

6 ビニル被覆と薬剤散布を組み合わせたブドウ枝膨病の防除法 

7 なし及びかんきつにおける合成ピレスロイド剤抵抗性ワタアブラムシの発生実態と有効な防除薬剤の選定薬剤の選定

8 キウイフルーツの追熟前のデンプン含量と追熟後の全糖簡易予測法 

9 かんきつのポット育苗に適した用土と肥料

 

平成4年度

1 温州みかんの新品種「絹平」の特性

2 温州みかんの新品種「原温州」の特性

3 マレイン酸ヒドラジド液剤によるハウスみかんの秋枝発生防止

4 現地ほ場におけるかんきつのウイルス病の被害様相

5 なしの腋花芽着生に及ぼす気象の影響

6 ぶどう新品種「宝満」の育成

7 ぶどう新品種「博多ホワイト」の育成

8 ぶどうの大粒、無核品種育成のための高次倍数体化技術

9 ぶどうの突然変異誘発のための薬剤処理技術

10 ぶどうの退化した胚珠・胚培養による無核品種育成の効率化

11 ブドウ枝膨病抵抗性の品種間差異

12 ブドウ枝膨病柄胞子の飛散範囲

13 ブドウ枝膨病の感染時期と柄胞子の時期別溢出量

14 雨よけ栽培によるブドウ枝膨病感染の防止効果

15 ブドウ枝膨病防除薬剤の選定

16 ぶどうウイルス病の木本植物利用による周年検定及び検定期間の短縮

17 キウイフルーツ花腐細菌病に対する環状剥皮の防除効果と果実の生育

18 台風により落葉したキウイフルーツの果実と収穫時期 

19 いちじくの品種別ネコブセンチュウ抵抗性

20 いちじくの一文字整枝における低温にともなう発芽障害防止法 

21 いちじく一文字整枝の主枝高温障害(日焼け)防止法 

22 施設栽培いちじくの温度管理技術

23 いちじく無加温ハウスの天井ビニルの除去時期

 

平成3年度

1 晩生カンキツの新品種‘津之香’の特性

2 温州ミカンの早期加温栽培における夏季せん定時期とビーエー液剤の利用法

3 温州ミカンの早期加温栽培における夏季せん定後の要素の葉面散布による結果母枝の充実法

4 州ミカンの早期加温栽培における秋季の低温遭遇程度による加温開始時期の決定

5 温州ミカンの早期加温栽培における植物ホルモン、ビーエー液剤散布による発芽・着花促進

 温州ミカンの果実品質向上のためのマルチ資材の種類と処理時期

7 温州ミカンのフイルムマルチ処理樹に対する葉面散水による減酸促進効果

8 フィガロン乳剤による温州ミカンの隔年結果防止のための枝別全摘果

9 極早生温州における枝別の全摘蕾や摘果による樹勢の推持と高品質果実生産

10 極早生温州の幼木における樹冠全摘蕾・摘果による早期樹冠の拡大

11 ユズの導入系統の特性

12 カンキツ穂木大量生産のための適切な摘心方法

13 カンキツ穂木の最適貯蔵条件

14 カンキツウイルスフリー樹の活力維持方法

15 カンキツ類の熱処理及び茎頂接ぎ木併用によるウイルスフリー化条件

16 薬剤抵抗性ミカンハダニに効果の高い殺ダニ剤

17 カキの盃状形Y字仕立てによる生産安定

18 アプロード水和剤のフジコナカイガラムシに対する作用特性

19 包装フィルム及び鮮度保持剤を用いた巨峰の長期貯蔵法

20 ナシの優良側枝確保のための予備枝の取扱方法

21 施設栽培モモの収穫直前生理落果の果重と性状

22 イチジクの大玉果実生産のための窒素施用量

23 リンゴの主要品種に適応するわい性台木の選定

24 リンゴの品種適応性

25 リンゴの側枝せん定法

6 オウトウの整枝と雨よけ栽培による生産安定

 

平成2年度

1 カンキツ新品種‘早香’の特性

2 海外から導入した早生系カンキツの特性

3 温州ミカンの加温開始時期決定のための切り枝水差しによる着花予測法のための切り枝水押しによる着花予測法

4 通気性資材の被覆によるネーブルオレンジの品質向上 

5 4倍体花粉利用ならびに植物生育調節剤による日向夏の無核化

6 カンキツウイルスフリー苗木の育成

7 ブドウ‘巨峰’の優良母樹の選抜

8 トンネルの除去適期

9 ナシの萎縮病の発生生態

10 ナシ‘新雪’の黒あざ症発生防止のための長期貯蔵技術

11 貯蔵晩生ナシにおける黒あざ症発生の品種間差

12 カキの着蕾数予測法

13 カキの品種適応性

14 カキにおけるカンザワハダニ加害生態と防除対策

15 カキクダアザミウマによる果実加害時期の推定

6 カキのフジコナカイガラムシに対するアプロード水和剤の効果

17 低圧ナトリウム灯によるカメムシ類の被害防止

18 チャバネアオカメムシの薬剤防除

19 集合フェロモンを利用した“キリ下おとり法”によるチャバネアオカメムシの発生予察

20 エルノー液剤による新梢管理の省力化

21 フルメット液剤による小玉果の大玉生産技術

22 雨よけ施設による生産安定

23 雨よけ施設の大きさと花腐れ細菌病防除効果

24 キウイフルーツの窒素施用量

25 イチジクの胴枯病の薬剤防除法

26 クリの補植のための大苗育苗法