トップ > 今月号のメールマガジン

今月号のメールマガジン

  メールマガジンのご登録はこちらから

トピック

 
県民の皆さまへ
【STOP!!新型コロナ(一人一人ができること)】
福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせです
県内で新型コロナウィルスの感染が拡大しています。県民の皆さまにおかれましては、以下の点についてご協力をよろしくお願いいたします。
・手洗いや咳エチケットに努めてください。
・新型コロナウィルスの感染症を疑った場合は、保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談してください
・発熱や咳など、風邪の症状があり、かかりつけ医を受信する際には、直接受診せず、必ず事前にかかりつけの医院に電話で相談してください
・集団感染のリスクを高める3条件、「密閉」、「密集」、「密接」が同時に重なることを回避してください
・普段からできる限り人込ごみを避け、今週から19日までの週末(4・5日、11・12日、18・19日)は不要不急の外出は控えてください
・首都圏や関西など感染が拡大している地域への不要不急の往来は控えてください
・海外の渡航について、外務省が73の国・地域に対し「渡航はやめてください。(渡航中止勧告)」を出しており、その他のすべての国・地域について、「不要不急の渡航はやめてください」としているのでそれに従ってください

詳しくは県ホームページ「新型コロナウィルス 感染症ポータルページ」をご覧ください

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid-19-portal.html


 さて、早いもので九州北部豪雨災害から丸3年が経とうとしています。
朝倉を代表するカキやナシ等の樹園地の多くが崩壊し甚大な被害を受けました。
農林業総合試験場では、果樹園等を早期に再開し、若い生産者が希望を持てる
営農モデルを示すために、試験研究成果の導入を目指しています。
病気も吹き飛ばして、秋には楽しいフルーツ狩りを心待ちにしたいですね。

お役立ち情報

  生育情報(福岡県米麦大豆生産改善速報、主な農産物の生産状況)

  病害虫発生予報(病害虫防除所HPへ)

知的財産権センターからのお願い

  農林業総合試験場では、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよ みつひめ」や柿「秋王」等の新品種を育成してきました。 これらの苗は、福岡県が契約書を交わした県内の農業者に限定して配布(有償) しており、それ以外の人は、苗を入手して栽培することはできません。 もし他県産の上記果実・米の販売や種苗のあやしい流通がございましたら、無断 栽培の可能性が高いので農林産物知的財産権センター(092-924-2986)へご連絡 ください。

その他

最後までお読みいただきありがとうございます。 農林業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。 「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・ ご要望がございましたらお聞かせください。ご感想もお待ちしております。
あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

メールマガジンの配信停止はこちら

▲ ページトップへ