━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農林試インフォメーション■■■

福岡県農林業総合試験場メールマガジン

●第68号(2019年11月1日発行)

●発 行 者 福岡県農林業総合試験場

 企 画 部 知的財産活用課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン11月号をお届けします。

 

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・バイオマス燃料を活用したCO2施用技術の開発

・病害虫発生予報

・生育情報

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

◆トピック◆

 

 11月になりました。冬がすぐそこまでやってきています。

そろそろストーブやこたつの準備が必要ですね。

 

ハウスでも、栽培している野菜たちを冬の寒さから守って

大きく育てるために、暖房でハウス内を暖めます。

通常、暖房の燃料には重油などの化石燃料を使うのですが

環境保全の観点からこれに代わる燃料の利用が期待されています。

 

そこで注目したのが木質バイオマスの利用です。

間伐材や製材残材などを燃料にすることで未活用資源を有効に活用できます。

さらに、燃やして熱を利用するだけではなく、

発生する二酸化炭素も光合成に利用します。

これにより、野菜たちが大きくなるのを助けます。

良いことづくめですね。

 

ところが、この暖房の排ガスの中には、有害な一酸化炭素も含まれます( ゚Д゚)

 

そこで、農林業総合試験場では、有害な一酸化炭素を

光合成に利用可能な二酸化炭素に変えてハウス内に供給する研究に取り組んでいます。

 

森林資源を有効に活用し、環境にやさしい技術で栽培した農産物が

近い将来、皆様にお届けできますように。 (バイオマス部)  

 

◆病害虫発生予報◆

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。

詳細は病害虫部予察課(病害虫防除所)HPへ。

http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/

 

◆生育情報◆

農林業総合試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

http://farc.pref.fukuoka.jp/seiikujouhou.htm

 

◆知的財産権センターからのお願い◆

農林業総合試験場では、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよ

みつひめ」や柿「秋王」等の新品種を育成してきました。

これらの苗は、福岡県が契約書を交わした県内の農業者に限定して配布(有償)

しており、それ以外の人は、苗を入手して栽培することはできません。

もし他県産の上記果実・米の販売や種苗のあやしい流通がございましたら、無断

栽培の可能性が高いので農林産物知的財産権センター(092-924-2986)へご連絡

ください。

 

◆その他◆

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農林業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。

「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・

ご要望がございましたらお聞かせください。ご感想もお待ちしております。

 

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 

 バックナンバーはこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

 

 メールマガジンの配信停止はこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/acmailer/form.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

福岡県農林業総合試験場

企画部 知的財産活用課

(福岡県農林産物知的財産権センター)

818-8549

福岡県筑紫野市大字吉木587

TEL 092-924-2986

FAX 092-924-3084

e-mail:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

ホームページhttp://farc.pref.fukuoka.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−