━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農林試インフォメーション■■■

福岡県農林業総合試験場メールマガジン

●第64号(2019年6月28日発行)

●発 行 者 福岡県農林業総合試験場

 企 画 部 知的財産活用課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン7月号をお届けします。

 

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・樹木根系の分布特性の多様性を考慮した防災林配置技術開発の取り組み(森林林業部)

・福岡県の主な農作物の生産状況

・病害虫発生予報

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

◆トピック◆

 

 ここ数年、日本各地で記録的な大雨や局地的な集中豪雨により、

 想定を超えた災害が相次いでいます。

 7月は、梅雨末期の大雨が降りやすい時期です。

 いま一度、最寄りの避難所や、ハザードマップを確認し、

 災害に備えましょう!

 

 ところで、森林には、張りめぐらせた樹木の根によって

土砂の崩壊を防ぐ役割があります(土砂災害防止機能)。

この根、これまで山の中に一様に分布しているという想定で、

研究が進められてきました。

 

 しかし、近年、根は地形や地質に応じて様々に分布しており、

そのことが崩壊発生に関係している可能性があることが分かってきました。

 

そこで当試験場では、地形や地質等の立地環境と根の分布に

どのような法則があるのかを解明し、立地環境に応じた

根の防災機能を解析する研究に取り組んでいます。

この研究は、今後の山地災害の発生リスク予測に

繋がっていきます。(森林林業部)

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)

早期水稲(夢つくし、コシヒカリ)・

通期水稲(夢つくし、元気つくし、ヒノヒカリなど)・

麦類・イチゴ・温州ミカン・ナシ・トルコギキョウ・

茶・肉用牛について

生産状況をお知らせします。(6月14日現在) 

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1907joukyou.pdf

 

◆病害虫発生予報◆

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。

詳細は病害虫部予察課(病害虫防除所)HPへ。

http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/

 

◆生育情報(農産)◆

農林業総合試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

米・麦・大豆の生育情報(農産)

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/nosan/seikujouhou/seiiku.31.4.23.pdf

 

◆知的財産権センターからのお願い◆

農林業総合試験場では、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよ

みつひめ」や柿「秋王」等の新品種を育成してきました。

これらの苗は、福岡県が契約書を交わした県内の農業者に限定して配布(有償)

しており、それ以外の人は、苗を入手して栽培することはできません。

もし他県産の上記果実・米の販売や種苗のあやしい流通がございましたら、無断

栽培の可能性が高いので農林産物知的財産権センター(092-924-2986)へご連絡

ください。

 

◆その他◆

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農林業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。

「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・

ご要望がございましたらお聞かせください。ご感想もお待ちしております。

 

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 

 バックナンバーはこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

 

 メールマガジンの配信停止はこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/acmailer/form.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

福岡県農林業総合試験場

企画部 知的財産活用課

(福岡県農林産物知的財産権センター)

818-8549

福岡県筑紫野市大字吉木587

TEL 092-924-2986

FAX 092-924-3084

e-mail:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

ホームページhttp://farc.pref.fukuoka.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−