━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農林試インフォメーション■■■

福岡県農林業総合試験場メールマガジン

●第61号(2019年4月1日発行)

●発 行 者 福岡県農林業総合試験場

 企 画 部 知的財産活用課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン4月号をお届けします。

 

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・アスパラガスにおける省力的親茎管理方法

・福岡県の主な農作物の生産状況

・生育情報(農産)

・病害虫発生予報(4月)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

◆トピック◆

 

平成31年、春。

平成という時代がまもなく終わろうとしています。

 

さて、春から初夏にかけて旬を迎える野菜にアスパラガスがあります。福岡県では筑

後地域を中心に多く栽培されています。本県のアスパラガス生産(「博多アスパラガ

ス」として販売)は、まさに平成と共に歩んできました。平成10年頃から作付を推進

した結果、平成29年度には作付面積は64haに達しました。

 

ところで、皆さんが食べているアスパラガスは植物のどの部分か知っていますか?

 食べているのは地面から伸びてきた若茎と呼ばれる部分(土から30cm出てきたら

収穫)です。アスパラガス生産は、2月から3月には若茎をすべて収穫する一方、4

には若茎を収穫せずにそのまま成長させて親茎にします。そして、親茎が予定した本

数に達した後、再び5月から若茎を10月まで収穫するものです。この間、6月以降に

は親茎に生える枝(側枝といいます)が急激に多くなるため、側枝を頻繁に取り除く

必要があります。この側枝の除去は夏の高温時期に行うため、生産者への負担が大き

い作業です。

 そこで、農林試では、生産者の負担を軽減するため、側枝を除去せず放任しても、

側枝が多くなりすぎずに収量、品質が維持できる省力的親茎管理方法を開発しました。

開発した管理法は、

A  親茎にする若茎の本数を従来より2本少ない8/m5.3/u)とする、

A 6月〜8月の間、高さ60cm以上の側枝は除去せずに通路中央部まで張り出した側

枝だけを2週間毎に切除する

というものです。この管理法を行うことにより側枝除去の作業時間が従来より約80%

削減されました。本技術は、「博多アスパラガス」生産者の方々にぜひお勧めしたい栽

培技術です。(筑後分場)

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)

麦類・アスパラガス・冬春ナス・イチジク・トルコギキョウ・肉用牛について

生産状況をお知らせします。(3月15日現在) 

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1904joukyou.pdf

 

◆病害虫発生予報◆

・病害虫発生予報第1号(4月)

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。

詳細は病害虫部予察課(病害虫防除所)HPへ。

http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/

 

◆生育情報(農産)◆

農林業総合試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

米・麦・大豆の生育情報(農産)

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/nosan/index.html

 

◆知的財産権センターからのお願い◆

農林業総合試験場では、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよ

みつひめ」や柿「秋王」等の新品種を育成してきました。

これらの苗は、福岡県が契約書を交わした県内の農業者に限定して配布(有償)

しており、それ以外の人は、苗を入手して栽培することはできません。

もし他県産の上記果実・米の販売や種苗のあやしい流通がございましたら、無断

栽培の可能性が高いので農林産物知的財産権センター(092-924-2986)へご連絡

ください。

 

◆その他◆

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農林業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。

「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・

ご要望がございましたらお聞かせください。ご感想もお待ちしております。

 

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 

 バックナンバーはこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

 

 メールマガジンの配信停止はこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/acmailer/form.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

福岡県農林業総合試験場

企画部 知的財産活用課

(福岡県農林産物知的財産権センター)

818-8549

福岡県筑紫野市大字吉木587

TEL 092-924-2986

FAX 092-924-3084

e-mail:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

ホームページhttp://farc.pref.fukuoka.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−