━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農林試インフォメーション■■■

福岡県農林業総合試験場メールマガジン

●第56号(2018年11月1日発行)

●発 行 者 福岡県農林業総合試験場

 企 画 部 知的財産活用課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

メールマガジン11月号をお届けします。

 

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・高級「玉露」づくりを目指して

 〜「八女伝統本玉露」の生産にIT技術を活用!〜

・福岡県の主な農作物の生産状況

・生育情報(農産)

・病害虫発生予報(11月)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

◆トピック◆

 

 本当に美味しい玉露(ぎょくろ)はどんな香りや味がするのかご存知ですか・・・?実は

「玉露」も私たちが普段、飲むことが多い「煎茶」と同じ茶の樹の葉から作られますが、新

芽が出た直後から日光を遮って育てます。これにより茶葉の中にうま味成分であるテアニン

がたまり、とろ〜んと、まったりした甘みとコクのある「玉露」になります。更に、高級品

は独特の「覆い香(おおいか)」と呼ばれるアオノリのような香りを放ち、贅沢の極みとも

言われています。このため、美味しい「玉露」をはじめて飲むと、これがお茶か?と驚かさ

れてしまいます。

 福岡県は八女地方を中心として、日本一の「玉露」産地です。先人たちは産地として生き

残るために、「他を圧倒する最高品質の玉露」づくりを目標に、こだわりと伝統的栽培法を守

り続けました。それが110年以上続く「八女伝統本玉露」生産技術です。その技術の特徴は

「自然仕立て」「手摘み」「天然のわら資材を用いた『棚被覆』」というものであり、非常に手

間暇がかかります。しかも、茶葉のうま味を左右する遮光をいつから開始するのか、遮光の

強度はどのように変えていくのか、また、いつ頃に摘むのかといった、熟練した茶農家の高

度な技術や判断が不可欠です。一方、これらの技術の伝承は容易ではなく、誰もが作りこな

すことは困難でした。

 そこで、当場では、近年、目覚ましい進歩を見せるIT技術を使って熟練者の栽培技術の

見える化に取組む研究を開始しました。茶園に各種センサーとカメラを設置し、照度、温度、

湿度などの園地環境データと茶芽の生育データをリアルタイムで自動収集し、栽培管理、茶

の生育、茶葉の品質との因果関係を明らかにすることで、「八女伝統本玉露」に必要な園地環

境や栽培テクニックを明らかにする予定です。「八女伝統本玉露」の生産技術の伝承と、高級

玉露の生産量の維持、拡大が期待されます。(八女分場)

 

IoT利用型八女伝統本玉露生産技術の研究イメージ画像のダウンロードはこちら)

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/h30syunmono/iot.pdf

 

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)

普通期水稲(夢つくし、元気つくし、ヒノヒカリなど)・大豆・イチゴ・キウイフルーツ・

イチジク・トルコギキョウ・豚、鶏、について

生産状況をお知らせします。(10月15日現在) 

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1811joukyou.pdf

 

◆病害虫発生予報◆

・病害虫発生予報第8号(11月)

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。

詳細は病害虫部予察課(病害虫防除所)HPへ。

http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/

 

◆生育情報(農産)◆

農林業総合試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

米・麦・大豆の生育情報(農産)

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/nosan/index.html

 

◆知的財産権センターからのお願い◆

農林業総合試験場では、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよ

みつひめ」や柿「秋王」等の新品種を育成してきました。

これらの苗は、福岡県が契約書を交わした県内の農業者に限定して配布(有償)

しており、それ以外の人は、苗を入手して栽培することはできません。

もし他県産の上記果実・米の販売や種苗のあやしい流通がございましたら、無断

栽培の可能性が高いので農林産物知的財産権センター(092-924-2986)へご連絡

ください。

 

◆その他◆

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農林業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。

「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・

ご要望がございましたらお聞かせください。ご感想もお待ちしております。

 

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 

 バックナンバーはこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

 

 メールマガジンの配信停止はこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/acmailer/form.htm

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

福岡県農林業総合試験場

企画部 知的財産活用課

(福岡県農林産物知的財産権センター)

818-8549

福岡県筑紫野市大字吉木587

TEL 092-924-2986

FAX 092-924-3084

e-mail:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

ホームページhttp://farc.pref.fukuoka.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−