━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■農林試インフォメーション■■■
福岡県農林業総合試験場メールマガジン
●第47号(2018年2月1日発行)
●発 者 福岡県農林業総合試験場
 企 部 知的財産活用課
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン2月号をお届けします。

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
・「足くくりワナの「ハードル式設置法」でシカの捕獲効率をアップ

・福岡県の主な農作物の生産状況
・生育情報(農産)
・病害虫発生予報(2月)
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

◆トピック◆

最近、ニュースでシカの話題を目にする機会が多いと思いませんか?シカは古
くから日本に生息している動物ですが、1870年代から1940年代にかけて乱獲に
より絶滅が心配されるほど個体数が減少していました。それが、ここ30年間で急
激に増え、農林業への被害が全国的な問題となっており、福岡県でもシカによる
農林業被害額がおよそ2億円(平成28年度)と推計されています。

 

シカによる農林業被害を抑えるためには捕獲による個体数調整が必要不可欠で
す。シカを捕獲する方法はいろいろありますが、福岡県では足くくりワナによる
捕獲が主流になってきています。足くくりワナはシカが通る道に設置し、ワナの
上をシカが踏むとワイヤーが締まる仕掛けです。しかし、シカがワナを踏む確率
は必ずしも高くはなく捕獲効率の低さが課題でした。

 

そこで、シカがワナを踏む確率を上げるために足くくりワナの「ハードル式設
置法」を考案しました。この方法は、シカがちょっとした障害物であれば迂回せ
ずに跨いで歩く習性を利用したものです。具体的には、シカの通り道上に長さ
50cm
、高さ2030cm程度の障害ハードル(障害物)を設置し、その30cm先に足
くくりワナを仕掛けます(下の模式図を参照)。利用する障害物は、林地にある倒
木や場合によっては石を積み上げるだけでも大丈夫です。捕獲試験を行った結果、
ハードル式設置法はハードルを設置しない方法と比較して捕獲効率が約2倍にな
りました。特別な用具や技術を必要としないため、経験の浅いワナ免許取得者で
もすぐに活用できます。捕獲技術を習得する“ハードル”が大きく下がるため、
捕獲数の増加が期待されます。

 

<模式図はこちら>

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/h29syunmono/kukuriwana.pdf

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)
麦類・施設キュウリ・冬春ナス・温州ミカン・トルコギキョウ・肉用牛
について生産状況をお知らせします。(1月15日現在) 
http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1802joukyou.pdf


◆病害虫発生予報◆
・病害虫発生予報第11号(2月)

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。
詳細は病害虫部予察課(病害虫防除所)HPへ。
http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/

◆生育情報(農産)◆

農林業総合試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

・米、麦、大豆の生育概況(農産)

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/nosan/index.html


◆知的財産権センターからのお願い◆
農林業総合試験場では、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよ

みつひめ」や柿「秋王」等の新品種を育成してきました。
これらの苗は、福岡県が契約書を交わした県内の農業者に限定して配布(有償)
しており、それ以外の人は、苗を入手して栽培することはできません。
もし他県産の上記果実・米の販売や種苗のあやしい流通がございましたら、無断
栽培の可能性が高いので農林産物知的財産権センター(092-924-2986)へご連絡
ください。

◆その他◆
最後までお読みいただきありがとうございます。

農林業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。
「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・
ご要望がございましたらお聞かせください。ご感想もお待ちしております。
 
 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 バックナンバーはこちら
 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

 メールマガジンの配信停止はこちら
 http://farc.pref.fukuoka.jp/acmailer/form.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
福岡県農林業総合試験場 
企画部 知的財産活用課 
(福岡県農林産物知的財産権センター) 
818-8549 
福岡県筑紫野市大字吉木587 
TEL 092-924-2986 
FAX 092-924-3084 
e-mail: chizai@farc.pref.fukuoka.jp 
ホームページhttp://farc.pref.fukuoka.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−