━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■農林試インフォメーション■■■
福岡県農林業総合試験場メールマガジン
●第34号(2017年1月4日発行)
●発 者 福岡県農林業総合試験場
企画部 知的財産活用課
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン1月号をお届けします。

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
・裏方の価値(日本初の台木用イチジク「キバル」)

・福岡県の主な農作物の生産状況
・病害虫発生予報(1月)
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

◆トピック◆

「裏方の価値(日本初の台木用イチジク「キバル」)」

先月、新聞でちょっと良い話を目にしました。プロ野球ソフトバンクホー
クスのエースである和田投手が契約更改の席で、自分の年俸の話ではなく、
練習を支える裏方さんたちの交通費を球団で負担してくれるようお願いした
とのことです。プロの世界では優れた成績を上げたスター選手が高く評価さ
れるのは当然のことですが、本当に優れた選手は自分の成績の陰には優秀な
裏方さんたちの献身的な支えがあることをちゃんと理解しているのです。

 

福岡農林試は、平成16年にこれまでになく美味しいイチジクのスター選手
「とよみつひめ」を開発しました。しかし、その一方で食用に適しないイチ
ジク「キバル」も開発しました。

「キバル」は果物としては全く売り物にはなりませんが、「とよみつひめ」
というスター選手を輝かせるうえで重要な役割を果たしているのです。

 

「とよみつひめ」を含むイチジクを育てる際の大きな問題として、一度イチ
ジクを植えた畑に再度イチジクの苗を植えても順調に育たないことがありま
す。これを「いや地現象」といいます。イチジクが土の中に放出する化学物
質や「株枯病」という土を介して伝染する病気などが原因です。

「キバル」は「いや地現象」の影響をほとんど受けないという特徴を持ってい
ます。そこで、イチジクの苗を作る際に、土と接する下の部分は「キバル」
に、果物の実る上の部分は「とよみつひめ」にと、両者を接木して合体させる
ことで、昔からのイチジク畑でも安心して美味しい「とよみつひめ」が生産で
きるようになりました。

 

スターが輝くにはそれを陰で支える裏方の力が重要であることは、どの世界で
も変わりません。今、「とよみつひめ」は「キバル」という優れた裏方の支えを
受けて、県のブランド農産物へと階段を昇っています。

 

平成24年より始まったキバル台イチジク苗の生産は、平成27年までの生産
本数は2,900本になりました。

「とよみつひめ」を支える「キバル」の写真はこちら↓

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/h28syunmono/kibaru.pdf

 

 

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)
 
大豆・麦類・イチゴ・トマト・ナシ・キウイフルーツ・トルコギキョウ・豚・
鶏卵について生産状況をお知らせします。(12月15日現在) 
http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1701joukyou.pdf

 


◆病害虫発生予報◆
・病害虫発生予報第10号(1月)
病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。
詳細は病害虫部予察課(病害虫防除所)HPへ。
http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/

◆知的財産権センターからのお願い◆
農林業総合試験場では、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「と
よみつひめ」や柿「秋王」等の新品種を育成してきました。
これらの苗は、福岡県が契約書を交わした県内の農業者に限定して配布(有償)
しており、それ以外の人は、苗を入手して栽培することはできません。
もし他県産の上記果実の販売や種苗のあやしい流通がございましたら、無断栽
培の可能性が高いので農林産物知的財産権センター(092-924-2986)へご連絡く
ださい。

◆その他◆
最後までお読みいただきありがとうございます。

農林業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。
「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・
ご要望がございましたらお聞かせください。ご感想もお待ちしております。
 
 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 バックナンバーはこちら
 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

 メールマガジンの配信停止はこちら
 http://farc.pref.fukuoka.jp/acmailer/form.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
福岡県農林業総合試験場 
企画部 知的財産活用課 
(福岡県農林産物知的財産権センター) 
818-8549 
福岡県筑紫野市大字吉木587 
TEL 092-924-2986 
FAX 092-924-3084 
e-mail: chizai@farc.pref.fukuoka.jp 
ホームページhttp://farc.pref.fukuoka.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−