━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農総試インフォメーション■■■

福岡県農業総合試験場メールマガジン

●第115号(2013年8月1日発行)

●発 者 福岡県農業総合試験場

研究企画部 知的財産活用課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン8月号をお届けします。

 

     ・∵∴∵・

   ∴※※◎※※∴

 ∴※◎☆★☆◎※∴

・※◎★\川/★◎※・

∵※☆\\V//☆※∵

∴◎★三>*<三★◎∴

∴※☆//∧\\☆※∴

・※◎★/川\★◎※・

 ∵※◎☆★☆◎※∵

   ∵※※◎※※∵

     ・∴∵∴・

       i

       i

       i

 

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・トピック

“あかあかと日は難面(つれなく)も秋の風”

・旬もの生育状況

 ブドウ(巨峰)・大豆の花

・福岡県の主な農産物の生産状況

・病害虫発生予報(8月)

・生育情報(果樹・農産)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

“あかあかと日は難面(つれなく)も秋の風”(「奥の細道」松尾芭蕉)

秋になったというのに太陽は素知らぬ顔をして赤々と私を照りつけている、でも風に

は秋の気配が感じられるよ

 

8月7日は立秋、暦のうえでは秋の始まりです。

でも、暑中見舞いが終わって残暑見舞いが始まるように、秋とは名ばかりで暦と現実のズ

レを感じます。

 

もうひとつ、最近、私が知った8月のズレ。

8月を古い呼び名で「葉月」と呼ぶときの「葉」が、緑色の葉っぱではなく秋の枯葉だと

いうこと。

これまで8月は緑色の葉っぱが沢山あるから「葉月」だと思っていました。皆さんは知っ

ていましたか?

 

人間が「暑い、暑い!」といって日陰が恋しい8月にも葉っぱは太陽の光を浴びてせっせ、

せっせと栄養分を作っています。

葉っぱは光のエネルギーを使って、光合成という働きで自前で養分を作り出します。動物

には真似できないスゴイことです。

 

葉っぱは光エネルギーを効率よく取り入れるために普通、平らな形をしています。

葉っぱには表と裏があって、多くの場合、光が良く当たる面、茎に向いている面が表、そ

の反対側が裏になります。

 

さて、ネギの葉っぱに表と裏はあるのでしょうか? ネギの葉っぱは丸い筒なので、目に

見えている方が表、内側が裏と答える人がほとんどではないでしょうか。

 

実は見えている外側が裏、内側が表なんです。意外な事実!!

ネギの葉っぱもでき始めは普通の葉っぱと同じように生長を始めますが、すぐに裏側の先

端に近いところが盛り上がって、表を内側にして包み込み、縁がくっつきます。葉が伸び

て見えるようになるころには、裏面を表にして丸い筒になっているという次第です。

裏面が表で表面が裏、なんだかややこしくなりました。

 

福岡県で生産されるネギの多くは、‘葉ネギ’や‘青ネギ’と呼ばれる緑の葉っぱを食べる

ネギです。うどん、ラーメン、冷や奴、暖かい鍋料理に使われる万能野菜で夏から冬まで1

年中栽培されています。

 

でも、夏の厳しい暑さでは畑に播いた種から芽が出にくい。そこで登場したのが農業総合

試験場で開発した「種子吸水処理による発芽促進法」。

詳しくはこちら:http://farc.pref.fukuoka.jp/farc/shuyosei/H2503/shu6.pdf

 

畑に播く前に種に水を吸わせ、15℃で6日間、密閉容器で保存して芽を出す準備を始めさ

せておきます。こうすると畑に播いた後、芽が出るのが3〜4日早くなり、収穫は8〜10

日も早くなります。おまけに生育が良くなって収量も増えます。

 

裏側を隠しもしない真面目で美味しい福岡のネギ、発芽促進法を使って‘芽出たし、めで

たし’ (かめ吉)

 

◆旬もの生育状況◆

 農業総合試験場が研究している農作物の生育状況や風景です。

◇ブドウ(巨峰)

 写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/h25syunmono/kyohou.pdf

 

 

◇ダイズ(花が咲きました)

 写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/h25syunmono/daizuhana.pdf

 

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)

  早期水稲・普通期水稲・大豆・夏秋ナス・温州ミカン・イチジク・トルコギキョウ・

ホオズキ・豚・鶏卵

について生産状況をお知らせします。(716日現在) 

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1308joukyou.pdf

 

 

◆病害虫発生予報◆          

・病害虫発生予報第5号(8月)     

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。       

詳細は病害虫防除所HPへ。      

 http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/ 

 

 

◆生育情報(果樹・農産)◆

当試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

・生育概況(常緑果樹・7月1日現在)

・生育概況(落葉果樹・7月1日現在)

 果樹部のホームページ

 http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/kaju.html

 

・生育概況(水稲・729日現在)

 農産部のホームページ

  http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/nosan/index.html

 

◆知的財産権センターからのお願い◆

 試験場が開発した品種のうち、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよみ

つひめ」やカキ「秋王」等は、福岡県の生産者だけに栽培を限定しています。

 これらの苗は、一般の方や県外の方に販売することはありません。そのため、福岡県以外

の方はこれらイチゴ「あまおう」等を生産できません。

 もし、このような苗、または果実の販売がございましたら下記の農産物知的財産権センタ

ーへご連絡ください。

 

◆その他◆

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。

「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、

ご意見・ご要望がございましたらお聞かせください。

ご感想もお待ちしております。      

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 

 バックナンバーはこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
福岡県農業総合試験場
研究企画部知的財産活用課
(福岡県農産物知的財産権センター)
818-8549
福岡県筑紫野市大字吉木587
TEL 092-924-2986
FAX 092-924-3084
e-mail: chizai@farc.pref.fukuoka.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−