━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農総試インフォメーション■■■

福岡県農業総合試験場メールマガジン

●第113号(2013年6月1日発行)

●発 者 福岡県農業総合試験場

研究企画部 知的財産活用課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン6月号をお届けします。   

   

    |

   /⌒\

  |゚_゚|

   \_/

   / ̄\

  / /| ヽ

  L /_|

   \// 

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・トピック

  ♪♪ で〜んでん むしむし カタツムリ  _@ノ゚ ♪♪

♪♪ おまえの  あたまは どこにある〜_@ノ゚ ♪♪

 

・旬もの生育状況

 果樹の花

・福岡県の主な農産物の生産状況

・病害虫発生予報(6月)

・生育情報

 果樹

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

◆トピック◆

 

早くも梅雨、雨の季節です。

梅雨が始まると、天気予報は

しばらく、うっとうしい日々が続きます

なんて勝手なことを伝えます。

 

でも、稲作の国、日本にとっては、

梅雨は天からの贈り物ともいえる大切な季節です。

この水のおかげで水稲を安心して栽培できます。

ほんの1か月、秋の実りを期待しながら

雨の季節を楽しんではいかがでしょうか。

 

 

私が子供のころは、カタツムリ(でんでん虫)をよく見かけました。

木の葉の上をのんびり進んでいるかと思えば、

目を離すとすうーっと消えています。

 

このカタツムリ、羨ましいことに

生まれたときからマイホームの殻を背負って暮らしています。

 

皆さん、

このマイホームがいつも汚れもせず綺麗なことに気づいていますか。

そう、カタツムリは綺麗好き?

 

 

実はカタツムリが殻をせっせと掃除しているのではなく、

殻の表面自体に汚れがとれやすい構造を備えているんです。

 

殻の表面に小さな凹凸の溝があって、殻に汚れが付いても、

雨が降ると殻と汚れの間に水が入り込み、汚れを剥がしてしまうそうです。

これぞ自然のハイテク技術なのです(「自然に学ぶ粋なテクノロジー」DOJIN選書)。

カタツムリはスゴイ!

 

 

さらに驚きなのは、

この表面構造が既に人の生活に役立っていることです。

この構造をまねて作ったセラミックタイルを建物の外壁に使うと、

雨が降ったときに自動的に壁が綺麗になる。人間もスゴイ!

 

 

さて、もう一つ雨に似合うもの、アジサイ。

 

花き部では、花が赤いアジサイ「筑紫ルビー」、ピンクの「筑紫の舞」に続き、

新品種「筑紫の風」を作りました。

写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/chikushinokaze.pdf

 

 

「筑紫の風」は花びらが多い八重の手まり咲きで青色の花を咲かせます。

そして、アジサイの別名‘七変化’の名前のとおり、花の色が変化していきます。

 

咲き始めの頃は花の中心が白く、まわりは青色、満開になると全体が青くなります。

満開の後、花の色が緑色に変わり、その後、紫色に変化します。

 

5月に咲き始め、青色、緑色、紫色と11月まで半年間、花色の変化を楽しめます。

 

アジサイ「筑紫の風」とカタツムリ、

のんびりとした雨の日の楽しみに加えてください。

(かめ吉)

 

◆旬もの生育状況◆

 農業総合試験場が研究している農作物の生育状況や風景です。

◇果樹の花

 写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/h25syunmono/kajuhana.pdf

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)

  早期水稲・麦類・イチゴ・冬春ナス・ナシ・ブドウ・トルコギキョウ・茶

について生産状況をお知らせします。(5月15日現在) 

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1306joukyou.pdf

 

 

◆病害虫発生予報◆          

・病害虫発生予報第3号(6月)     

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。       

詳細は病害虫防除所HPへ。      

 http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/ 

 

 

◆生育情報◆

当試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

・果樹の生育情報と対策(5月1日現在)

 果樹部のホームページ

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/kaju.html

 

 

◆気を付けて!!◆

 試験場が開発した品種のうち、イチゴ「あまおう」、米「元気つくし」、イチジク「とよみつひめ」やカキ「秋王」等は、福岡県の生産者だけに栽培を限定しています。

 これらの苗は、一般の方や県外の方に販売することはありません。そのため、福岡県以外の方はイチゴ「あまおう」等を生産できません。

 もし、このような苗、または果実の販売がございましたら下記の農産物知的財産権センターへご連絡ください。

 

◆その他◆

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。

「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、

ご意見・ご要望がございましたらお聞かせください。

ご感想もお待ちしております。      

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

 

 バックナンバーはこちら

 http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga_info.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
福岡県農業総合試験場
研究企画部知的財産活用課
(福岡県農産物知的財産権センター)
818-8549
福岡県筑紫野市大字吉木587
TEL 092-924-2986
FAX 092-924-3084
e-mail: chizai@farc.pref.fukuoka.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−