━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農総試インフォメーション■■■

福岡県農業総合試験場メールマガジン

●第90号(2011 7月 15日発行)

●発 行 者 福岡県農業総合試験場

研究企画部 知的財産活用課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン7月号をお届けします。

ヽ│/   ⌒ヽ

−◎── (  )

/│\ (   )    九州北部地方も梅雨明けしました。

  ⌒ヽノ    )_   

 ( ー´     )    

 ~~ ~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・トピック

  〜うまい!が3倍「元気つくし」〜

・旬もの生育状況

  元気つくし・あまおう・筑紫の舞・筑紫ルビー・秋鈴

・福岡県の主な農産物の生産状況

・病害虫発生予報(7月)

・生育情報(果樹)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

◆トピック◆

〜うまい!が3倍「元気つくし」〜

 

 【〜〜〜(´▽`A)〜〜〜】い〜いゆっだ〜な♪あははん♪と・・。

 

この間、テレビで43度以上の熱い風呂に5分入ってたら免疫力が高まるよ〜ってやってたんですよ。

 

こういうのを観てしまうと、なんでもやってみないと気がすまない性分。

 

で、実際やってみました。これが熱いこと熱いこと!

 

風呂から出たらくらくら〜っとなってしまいました。免疫力が高まったかどうかはよくわからないす。

 

さ〜て、今回は福岡県のお米「元気つくし」のお話。

 

ちょっと贅沢な福岡の新しいお米!炊きたてうまい!冷めてもうまい!春夏秋冬いつでもうまい!めし丸元気つくしは、「うまい」が3倍なんざます。

 

おいしいお米。そりゃ〜毎日食べるお米なんだからおいしいほうがいいんですよ。

 

でも、作ってる農家もオイシくないといけない。

 

地球温暖化が言われはじめて久しいんですが、我々人間様が暑くてへろへろになる夏、稲たちはどうしてるかって言うとやっぱり暑いって!え?稲がそう言ってたのかって?言ってました言ってました。

 

花が咲いたら雄しべと雌しべで受精が行われるでしょう。その後、籾のなかにお米になるデンプンが溜まっていくんですが、デンプンの元になるのが糖です。

 

糖は葉っぱのなかの光合成で作られ、貯蔵しやすいようにせっせせっせとデンプンに組み立てられていきます。

 

この時期に暑いと、糖からデンプンへ組み立てる作業がうまくいかないんじゃないかな〜というのが最近の研究でわかってきたんです。

 

そこに関わる酵素の働きが高温によって邪魔されているという。

 

・・・。

 

 

おおお。今回のメルマガ!ちょっと試験場らしいじゃないの!

 

 

 

福岡県では4月から7月と色んな時期に田植えが行われています。

 

田植えをするには水が不可欠で、水が使えるようになるのに地域の都合が有ったりして、時期別に植えられる品種を組み合わせているのです。

 

6月下旬頃植える品種だと、このデンプンを形成する時期がどうしても高温になってしまう。

 

デンプンにならない糖はどこに行ってしまうかというと、稲自体の呼吸で使われてしまうんです。そうなるとお米には十分デンプンが貯まらない。

 

夏が暑いとお米の品質が悪くなってしまう。困った困った。

 

 

そこを何とかしようじゃないかと、品種改良されたのが「元気つくし」。暑くてもしっかりおいしく、元気に育ちしっかりおいしくなるお米。

 

 

じゃ、どうやって作ったかってところなんです。さて、お立ち会い。

 

田んぼを丸ごとでっかい風呂桶にして、昼夜お湯を流し続けて田んぼの水を35度以上にするんです。

   http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/kouonsisetu.pdf

 

24時間風呂〜!まあ素敵!うちのお風呂はいつでもいい気持ち!

 

そんなのんきなことを言っている場合ではない(--)

 

この35度っていうのが、稲たちにとってはデットライン。

 

いろんな品種を交配してできたたくさんの種類の苗をこの24時間風呂水田で育てます。

 

この35度線を生き抜けるかどうかのチキチキレース!!!(x_xc(()*)ノ☆゜0)/

 

見事勝ち抜いたタフガイが元気つくしなんでございます。

 

うむむむ、農家のうれしいと消費者のおいしいを併せ持つ頼もしいお方なのね。

熱いお湯で長風呂してふやけただけのあたしとちがって・・川* ̄д ̄* 

ご飯を食べながら「いい湯だな〜♪」て歌ってるヤツがいたら、

それは正真正銘「元気つくし」通。はい!コレほんと!

 

 

◆旬もの生育状況◆

 農業総合試験場が開発した品種の生育状況をお知らせします。

◇元気つくし(コメ) 吉木小学生が6月29日に植えました。

             暑い夏に負けないように元気に育っています。(7月12日)

  写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/genkitukusi0712.pdf

 

◇あまおう(イチゴ)    育苗中です。(7月12日)

 写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/amaou0712.pdf

 

◇筑紫の舞(アジサイ)・・・ピンク・八重・手まり咲き・花の観賞期間は約6ヶ月

◇筑紫ルビー(アジサイ)・・・赤色・八重・手まり咲き・花の観賞期間は約1ヶ月

      開花から1ヶ月経ち、今は黄緑色の季節です。(7月8日)

 写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/tikusinomai0708.pdf 

  

◇秋鈴(しゅうれい)(皮ごと食べられる種なしブドウ)

果粒肥大中 これから赤くなります。(7月8日)                  

  写真⇒http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/syuurei.pdf

 

 

◆福岡県の主な農産物の生産状況◆ (専技情報より抜粋)      

  水稲・夏秋なす・イチジク・露地ギク・シンテッポウユリについて

生産状況をお知らせします。(7月15日現在) 

http://farc.pref.fukuoka.jp/mailmaga/joukyou/1107joukyou

    

 

 

◆病害虫発生予報◆          

・病害虫発生予報第4号(7月)     

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。       

詳細は病害虫防除所HPへ。      

 http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/ 

 

 

◆生育情報(果樹)◆

当試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

・果樹生育概況(7月1日現在)

果樹部ホームページURL

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/kaju.html

 

 

◆その他◆

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。

「こんな話題を掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、

ご意見・ご要望がございましたらお聞かせください。

ご感想もお待ちしております。          

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
福岡県農業総合試験場
研究企画部知的財産活用課
(福岡県農産物知的財産権センター)
818-8549
福岡県筑紫野市大字吉木587
TEL 092-924-2986
FAX 092-924-3084
e-mail: chizai@farc.pref.fukuoka.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−