━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■農総試インフォメーション■■■

福岡県農業総合試験場メールマガジン

●第68号(200 910日発行)

●発 行 者 福岡県農業総合試験場

企画情報部 知的財産管理課

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン9月号をお届けします。

○今月の内容○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

・気象予報

・病害虫発生予報

・生育情報(果樹・水稲・大豆)

・主要農産物の生産状況と対策

・農総試成果情報『研究最前線』

 「イチゴの害虫防除へ 県に土着する天敵の高度活用技術を研究」

・トピック

朝はごはんでGO!「めざましごはんキャンペーン」実施

                            

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

◆気象予報◆

向こう1か月の出現の可能性が最も大きい天候と特徴のある気温、

降水量等の確率は以下のとおりです。

九州北部地方では、天気は数日の周期で変わるでしょう。

週別の気温は、1週目は高い確率50%です。2週目は平年並み

または低い確率ともに40%です。

                         (9月4日付)

 詳細は福岡管区気象台HPへ。

http://www.fukuoka-jma.go.jp/

 

 

◆病害虫発生予報◆

・病害虫発生予報第6号(9月)

・病害虫発生予察速報第6号(水稲:トビイロウンカ)

・病害虫発生予察特殊報第1号(バレイショ、カブ:シロアリ)

・病害虫発生予察特殊報第2号(ニラ:えそ条斑病)

・病害虫発生予察技術情報第5号(水稲:トビイロウンカ)

・病害虫発生予察技術情報第6号(水稲:いもち病)

・病害虫発生予察技術情報第7号(水稲:トビイロウンカ)

 

病害虫発生量の予想や防除上注意すべき事項が掲載されています。

詳細は病害虫防除所HPへ。

 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/soshiki/4704204.html 

 

 

◆生育情報(果樹・水稲・大豆)◆

当試験場のホームページでは、農作物の生育状況を公開しています。

<更新情報>

・果樹生育概況(9月1日現在)

果樹部ホームページURL

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/kaju.html

 

・水稲と大豆の生育情報と対策(9月7日現在)

 農産部のホームページ

http://farc.pref.fukuoka.jp/organization/nosan/index.html

 

 

主要農産物の生産状況と対策◆(「専技情報」より抜粋)

 早期水稲、普通期水稲、大豆、イチゴ苗、アスパラガス、青ネギ、温州ミカン、

イチジク、トルコギキョウ、ストック、乳牛について生産状況と対策を

お知らせします。(9月1日現在)

 

●早期水稲

 5月上旬までに田植えされた早期水稲の収穫は、ほぼ終了しました。

登熟期間は、低温・寡日照で経過したため、収量は平年に比べやや低いものの、

品質は良好です。

 7月24、26日の豪雨で、出穂〜開花期に冠水したほ場の一部で、籾の褐変、

不稔等が発生しました。豪雨により冠水したほ場で、品質が低下したものは

別集荷・別乾燥としてください。

 

●普通期水稲

 8月以降天候が回復したため、出穂期は平年並みとなり、6月2半旬植

「夢つくし」で8月10日頃、6月5半旬植「元気つくし」で8月20日頃、

「ヒノヒカリ」で8月28日頃です。穂数は、6月上旬植は平年並みですが、

6月中下旬植は平年よりやや少なくなっています。

 中干しが不十分なほ場が多いため、水管理は間断かん水を基本としてください。

 

●大豆

 7月中旬の播種では生育は順調です。開花期は、7月3半旬播種で8月5半旬、

7月4半旬播種で8月6半旬となっており、8月1半旬に播き直したものは

9月2半旬と予想されます。

 7月24、26日の豪雨で冠水したほ場は、除草剤の効果が低下し、雑草の発生が

多くなっています。

 排水溝の再整備を行い、ほ場内に停滞水がないようにしましょう。

 ハスモンヨトウ、カメムシともに発生は少なくなっています。ハスモンヨトウに

ついては、フェロモントラップの誘殺数を考慮し、適期防除を実施してください。

 

●イチゴ苗

 7月下旬の多雨・日照不足の影響で、苗の生育は遅れていましたが、8月に入り

天候が回復したことで、生育が良くなっています。

 一部で炭疽病の発生が見られていますが、苗数が不足する状況ではありません。

 現在、早期作型の低温処理が始まっており、定植開始は昨年同様9月10日頃と

なる見込みです。

 定植床の準備は、土壌条件の良いときに行いましょう。

 苗に炭疽病の発生が見られる場合は、薬剤散布と発病株の除去を徹底してください。

 普通期作型の作付け割合を多くしましょう。

 

●アスパラガス

 収穫のピークは過ぎました。8月の出荷量は前年より多いですが、下位等級の

割合が前年より高くなっています。うね冠水したほ場では草勢低下が見られます。

 最低気温が20℃以下になるまで、ハウスサイド部は開放したまま管理して

ください。

 気温低下に伴い、かん水量を控えましょう。ヨトウムシ類、アザミウマ類、

斑点病、茎枯病の防除を徹底してください。

 

●青ネギ

 現在、6月下旬に播種されたものを収穫中です。7月の日照不足のため、重量が

例年より軽く、8月の出荷量は前年及び前々年よりも少なくなっています。

 かん水過多は徒長の要因となるため、pF2.0〜2.2の土壌水分で管理してください。

 ネギハモグリバエは、前年より多く推移しており、現在も発生が多いので、

防除を徹底してください。

 

●温州ミカン

 着果量は多いですが、6月下旬〜7月の降水量が多かったため、果実肥大は

平年並みで推移しています。

 7月の多雨と日照不足により、果実糖度・クエン酸とも全体的に低く推移して

います。

 着果が多いため、早生・普通は9月に仕上げ摘果を徹底してください。

 また、フィガロン液剤の散布とシートマルチ被覆を早急に実施してください。

 ハダニの発生が多いので、防除を徹底しましょう。

 

●イチジク

 無加温・露地の作型は、8月下旬以降に出荷量が増加し、9月上旬にかけて

収穫がピークになる見込みです。現時点での果実品質は良好です。

「とよみつひめ」は、糖度が高く、食味が優れています。

 収穫ピーク時は、朝夕1日2回収穫を行い、腐敗果の発生を防止しましょう。

 選果・選別を徹底し、品質が低い果実を流通させないようにしてください。

 晴天が続く場合には、適宜かん水を行いましょう。

 

トルコギキョウ

 秋出荷作型(10〜12月出荷)の定植が、7月中旬〜8月下旬まで行われ、

生育は順調です。

 秋出荷作型は、抽台を始めたら徐々にかん水間隔を広げ、十分な根の伸長を

促してください。

 発蕾後は、頂花蕾及び無駄枝を早めに取り除き、ボリューム確保に努めましょう。

 

●ストック

 播種は、8月上旬から始まり10月まで行われます。8月上中旬に播種された

ものは、八重鑑別や定植の作業中です。八重鑑別は、適期を逃がさず的確に

実施してください。

 定植前のほ場は土壌消毒を行い、立枯性病害を予防しましょう。

 出荷は、11月上旬〜5月の見込みです。

 

●乳牛

 暑熱の影響による採食量の減少から、1頭当たりの生乳生産量が減少しています。

しかし、夜間温度が低いこともあり、死廃事故は例年より少なくなっています。

 昼間温度は依然として高いので、送風等の防暑対策を続けましょう。

 高温環境下の飼料は品質劣化しやすい状態です。牛の体調を悪化させないため

にも、給与飼料の品質に留意してください。

 

 

◆農総試成果情報『研究最前線』

全国農業新聞福岡県版8月28日掲載)

 

イチゴの害虫防除へ 県に土着する天敵の高度活用技術を研究

 県農業総合試験場病害虫部では、環境に優しい防除技術を組み合わせ、

化学農薬の使用を減らす「IPM(総合的害虫管理)」技術の研究に取り組み、

その一環として、県内に生息している県産土着天敵を活用したイチゴの

害虫防除に関する研究を行っている。

 土着天敵を調査したところ、イチゴ苗を育てる6月から9月までの育苗時期に、

ハダニ類を捕食するハダニアザミウマ・カブリダニ類・ハダニバエ類のほか、

アブラムシ類に寄生するアブラコバチ類などの多種多様な天敵が、ほ場周辺の植生と

イチゴ苗で共通して見られた。イチゴの苗上に天敵が多く存在している時は、

害虫は低密度で推移することが分かり、これらの天敵は、ほ場周辺の植生から

イチゴ苗に飛来し、育苗時期のイチゴの害虫抑制に貢献している可能性が高い。

 今後は、県産土着天敵を活用したイチゴの害虫防除技術を確立するために、

樹園地や草地、水田などといった様々な植生に生息する天敵の種類や発生時期を

さらに詳しく調査し、これらの天敵を積極的に育苗ほ場に誘引し、定着させる

「高度活用技術」の開発を目指していく。

 問い合わせは、県農業総合試験場病害虫部(電話092−924−2938)まで。

 

 

◆トピック◆

朝はごはんでGO!「めざましごはんキャンペーン」実施

このキャンペーンは若年層を中心とした朝食欠食の改善や、米を中心とした日本型

食生活の普及・啓発を図る目的で始まり、今では4,043社(7月末現在)もの食品関係

企業、団体が参加。CMや商品等でロゴマークが利用されるなど、官民挙げての

キャンペーンとして定着。今回は、新米の出回り時期を迎え平成21年9月から

22年3月にかけて、テレビCM等の媒体を活用し朝食摂取習慣の効用などを積極的に

訴えながら、米を中心とした日本型食生活の普及と米の消費拡大を図る。

朝ごはんを、元気に楽しくイメージできるよう、9月からのキャンペーンに女優の

北乃きいさんを起用。また、1月からはプロゴルファー石川遼さんを起用した

キャンペーンも予定。

詳しくは

http://www.maff.go.jp/j/soushoku/kakou/mezamasi.html

 

 

●統計データ等(農林水産省ほか)

平成20年度食料自給率について

⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/090811.html

麦製品等の取引価格の推移(平成21年7月)

⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/soushoku/keikaku/090902.html

平成20年度農林水産航空事業の実施状況について

⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/090828.html

平成21年7月の国内産米穀の卸小売価格の概況

⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/soushoku/keikaku/090827.html

とびだせ未来へ!!みんなの大地・森・海のめぐみ」(平成21年版ジュニア農林水産白書)の作成・配布について

⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunhyo/090817_2.html

 

☆統計データベース(農林水産省)
   http://www.tdb.maff.go.jp/toukei/toukei

農業協同組合等現在数統計

財務省貿易統計(輸入)・(輸出)

生鮮食料品価格・販売動向調査報告

畜産物生産費

 

●新聞見出し記事紹介

 

インド政府は、食用では初めての遺伝子組換え作物となる耐虫性ナスを年末にも

認可する予定。 
           (フジサンケイビジネスアイ 2009. 7.29 21面)

愛知、岐阜、静岡、三重の県農業試験場と名古屋市立大学、なごミスト設計()

()角田ナーセリーは共同で、ドライミストを施設園芸の冷房に使う研究を始めた。 

(日本農業新聞 2009. 7.29 14面)

徳島県立工業技術センターは、食品に含まれる微生物約1300種をデータベース化

した。微生物の種類や状態などから製造上どこに問題があるかを特定しやすくし、

衛生管理に活用する。 
            (徳島新聞 2009. 7.30  7面)

 農研機構食品総合研究所は、貯蔵食品につく害虫を高圧炭酸ガスで殺虫する技術を

開発した。規制を受けない低圧な条件でも、繰り返し処理することで十分な殺虫効果を

確認しており、コスト面でも克服しつつある。 
            (化学工業日報 2009. 8. 3  4面)

 千葉県農林総合研究センターを中心とした産学官連携チームは、イチゴの種苗生産

に有用な病害検査プログラムを構築する。遺伝子診断法をベースとした技術を開発し、

生産地で実証試験を行う。健全な種苗を計画的に作り出すサポート技術により、

3年程度で実用レベルを目指す。 
            (化学工業日報 2009. 8. 3  9面)

 農業生物資源研究所は、コメ内部のタンパク質同士を強固につないで網目構造を

作る化学結合(ジスルフィド結合)の仕組みを解明し、2つの酵素(Ero1PDI)が

関与していることを突き止めた。また、開発中のパン用米粉(esp2米粉)に、

ジスルフィド結合が極めて多いことも明らかにした。 
            (日経産業新聞 2009. 8. 4 11面)
                  
 三重大学とマイクロアルジェコーポレーション()は、乾燥に強い ラン藻の

マット上で植物を育成できることを実証した。ラン藻が植物の成長に必要な空気中の

窒素を取り込むとみられ、砂漠や宇宙での栽培用資材として期待される。

            (日刊工業新聞 2009. 8. 3 20面)

 兵庫県立農林水産総合センターと県内のキク生産者は、結婚式や宴会での需要が

見込めるパステルカラー、ピンク、2色のグラデーションなどの洋風キクの

オリジナル品種の開発に取り組んでいる。 
            (神戸新聞 2009. 8. 3  9面)
 農研機構野菜茶業研究所は、極早生茶の新品種「しゅんたろう」を育成した。

種子島などの暖地に適した茶の主要品種「くりたわせ」より摘採適期が2日早く、

製茶品質に優れ、炭疽病や輪斑病に強いなどが特徴。 
            (日本農業新聞 2009. 8. 7 14面)
            
 ベンチャー企業のイーズは、ハウス内の換気と除湿を同時に行える省エネ型の

除湿空調機を開発した。ハウス内の温度を保ったまま湿度を下げられるのが特徴で、

一般の除湿機並の能力がある。 
            (日本農業新聞 2009. 7.31 14面)

 出光興産(株)は、緑化用植物イワダレソウを品種改良した「クラピア」の

生産・販売を拡大している。「クラピア」は、成長速度が通常の芝生の約10倍

と速く、草丈が低いため刈り込みなどの管理コストが抑えられるのが特徴。

また、アラブ首長国連邦のアブダビで砂漠緑化向けの試験栽培も始めた。 
            (日経産業新聞 2009. 8. 4  2面)

 山形県園芸試験場は、県のオリジナルリンゴの中生品種「秋陽」の苗木の

県外向け販売を始める。果樹の全国販売は珍しく、出荷量を増やすことで知名度

を高め、ブランド力の向上を狙う。 
            (日本農業新聞 2009. 8. 4 16面)

(株)融合技術研究所は筑波大学や農研機構畜産草地研究所と共同で、

牛の分娩房に設置したカメラ映像を基に分娩の兆候や異常を検知し、携帯電話で

畜産農家に連絡できる分娩管理システムの開発に乗り出す。2010年度末までに

開発し、開発後5年以内に製品化する計画。 
            (日刊工業新聞 2009. 8. 7 23面)

 

岡山県生物科学総合研究所と理化学研究所植物科学研究センターは、アブラナ科

野菜類炭疽病菌に対応する抵抗性遺伝子が、シロイヌナズナのゲノム上に2つある

ことを世界で初めて見いだした。             
            (日経産業新聞 2009. 8.20 12面)

 農林水産省が発表した、種苗法に基づく登録品種(214)を紹介。農研機構育成の

大麦「煌二条」、メロン「久留米MP−4」、「アールス輝」、ジャガイモ「ノーザンルビー」、

「こがね丸」などが登録された。 
            (農業共済新聞 2009. 7.22  11面)
            (農業共済新聞 2009. 8. 5 11面)

 三井物産()とJFEエンジニアリング()が折半出資して設立した新会社

「アグリコンパス」は、農産物の生産履歴を農家から小売業者、消費者まで共有

できるサービスを今秋から始める。会員には、食品スーパーなどの小売業や外食

産業、卸業者、農家を想定。 
            (朝日新聞 2009. 8. 5 10面)

 静岡県農林技術研究所果樹研究センターは、約25年ぶりに極わせミカンの新品種

「静丸早生」を育成し、新しい主力品種として期待を寄せている。昨年度末に

農林水産省に品種登録を申請した。 
            (静岡新聞 2009. 8. 6  2面)

 埼玉県水田農業研究所は、農研機構生物系特定産業技術研究支援センターが開発

した、米ぬか散布できる水田用乗用型除草機で、ヒエ類や広葉雑草が効果的に除草

できることを確認した。 
            (日本農業新聞 2009. 8.11 11面)

 岩手県生物工学研究センターと岩手県農業研究センターは、DNAマーカー育種

により、低温でも発芽しやすい直播き用の水稲を育成した。 
            (日本農業新聞 2009. 8.15 12面)

 長野市の千野倫明氏は、個人育成したモモ「箱入娘なな」を品種登録し、地元の

農家を中心に苗木を供給して産地づくりを始めた。糖度の高さ肉質の良さが特徴。

            (日本農業新聞 2009. 8.13 10面)

 大豆の狭畦(きょうけい)密植栽培が注目されている。

農研機構中央農業総合研究センターのホームページに掲載されている栽培マニュアル

では栽培のポイントや経営メリットなどが紹介されている。 
            (日本農業新聞 2009. 8.13 14面)

 東京農工大学と製品評価技術基盤機構は、微細な磁石を作る微生物(磁性細菌)

のゲノム情報を解読し、磁石合成能力を獲得する仕組みを発見した。 

            (日経産業新聞 2009. 8.14  6面)
        

 長野県野菜花き試験場は、ブドウのように房のまま収穫するミニトマトの新品種

「房美人」を育成した。房が小さくまとまり、成熟のばらつきが少ないため房の

まま収穫でき、作業の省力化ができる。今年3月に農林水産省に品種登録を申請し、

2011年度から種の販売を始める。 
            (信濃毎日新聞 2009. 8.13  8面)

 環境省は、遺伝子組み換えセイヨウナタネが在来ナタネと交雑したとみられる

個体を三重県松阪市の河川敷で初めて確認した。 
            (朝日新聞 2009. 8.13  8面)

JA香川県は、香川県農業試験場が育成したグリーンアスパラガス

「さぬきのめざめ」を試験的に50aの長さに伸ばして出荷することを農家に提案

したところ、京阪神市場での評価が高く、価格も2倍になり、結束作業も省ける

ことから採用する農家が増えている。 
            (日本農業新聞 2009. 8.14 16面)

 食品ニューテクノロジー研究会が、6月10日に都内で開催したセミナーで、

農研機構食品総合研究所 杉山滋ナノバイオ工学ユニット長が、「ナノスケール

食品の開発状況と今後の展望」と題した講演を行った。 
            (日本食糧新聞 2009. 8.14  4面)

 

農業生物資源研究所は、イネのいもち病菌は、イネ表面のワックス成分を認識

すると多糖類α-13グルカンが菌の表面を覆い、これによってイネの自然免疫

システムに探知されずに感染することを見いだした。いもち病菌に強い

抵抗性イネの開発や免疫力を高める薬剤開発などに期待。 

            (日本農業新聞 2009. 8.28 18面)
         
 農研機構北海道農業研究センターは、シロイヌナズナを使い、植物の耐凍性を

制御する4つの遺伝子のうち、CSP3遺伝子が耐凍性に関与していることを突き

止めた。野菜や果樹など凍害や霜害に強い品種の開発が期待される。 

            (日本農業新聞 2009. 8.27 16面)
             
 農研機構生物系特定産業技術研究支援センターは、「民間実用化研究促進事業」

における平成21年度新規課題の二次募集を開始する。公募期間は914日から

10月2日まで。 
            (日本農業新聞 2009. 8.25 16面)

 農業生物資源研究所は愛知県農業総合試験場などと共同で、「陸稲(おかぼ)」

から、新しいタイプのいもち病抵抗性遺伝子(pi21)を発見し、ゲノム情報を

利用して美味しくいもち病に強いイネ「中125号」の開発に成功した。

この成果の概要は、米国科学雑誌「サイエンス」の2009年8月21日号で

公開された。
            (日本農業新聞 2009. 8.21  1面)
                      
 農業環境技術研究所などは、カドミウム高吸収イネを「早期落水栽培法」で

2〜3作栽培することにより、汚染土壌中のカドミウム濃度20〜40%低減できる

技術を開発した。費用は一般的な客土工法に比べ、7分の1程度で済むため、

低コストな土壌浄化法として期待される。 
            (日本農業新聞 2009. 8.22 16面)
         
 人工授精で繁殖されている乳牛や肉牛の受胎率が年々低下しており、畜産草地

試験場などが実施した繁殖現場での調査でも、実感されている。乳量や霜降り

度合いの改良による肥満化などが影響しているとの指摘が出ているが、原因は

はっきりせず、解決策はみえない。 
            (朝日新聞 2009. 8.19 14面)

 名古屋大学と九州大学は、農業生物資源研究所や理化学研究所と共同で、洪水時

に背丈が最大10bになって水没を免れる「浮きイネ」の遺伝子を発見した。

人工交配で通常のイネに同じ性質をもたせることにも成功した。  
            (日本農業新聞 2009. 8.20 14面)
            

農研機構野菜茶業研究所が開発した、食品残さなどの資源を活用した有機物だけ

を肥料に使う養液栽培技術が世界中から注目され、普及し始めている。 

            (日本農業新聞 2009. 8.20 14面)

 

◆その他◆

 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

農業総合試験場ではメールマガジンの内容充実をめざしています。「こんな話題を

掲載して欲しい」、「もっと詳しい情報が欲しい」等、ご意見・ご要望がございましたら

お聞かせください。

ご感想もお待ちしております。

 あて先:chizai@farc.pref.fukuoka.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
福岡県農業総合試験場
企画情報部知的財産管理課
(福岡県農産物知的財産権センター)
818-8549
福岡県筑紫野市大字吉木587
TEL 092-924-2986
FAX 092-924-3084
e-mail: chizai@farc.pref.fukuoka.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−