前のページへ戻る<<<
 福岡県農林業総合試験場の
 おいたち
 
   福岡県の農業に関する試験研究は、全国にさきがけて、明治12年(1879年)7月、当時の那珂郡春吉村(現在の福岡市博多区東中洲)に勧業試験場が設立されたときに始まる。その後ほぼ1世紀にわたって県農業振興のための技術開発を行ってきた。勧業試験場をはじめとする旧試験場の沿革は次のとおりである。
旧試験場の沿革
 
 
旧勧業試験場(農事試験場、農業試験場)
明治12年 那珂郡春吉村(現福岡市博多区東中洲)に勧業試験場として設立。
明治28年 福岡県立農事試験場と改称。
明治39年 筑紫郡住吉村(現福岡市博多区住吉)に移転。
大正12年 京都郡泉村(現行橋市泉)に豊前園芸分場設置。
昭和 2年 八女郡羽犬塚町(現筑後市和泉)に筑後分場設置。
昭和14年 筑紫郡二日市町(現筑紫野市上古賀)に移転。
昭和24年 福岡県立農業試験場と改称。
昭和25年 筑後分場廃止。
昭和31年 三潴郡大木町に筑後分場再設置。同時にイ業指導所を編入。
昭和32年 福岡市花畑(現福岡市南区花畑)に園芸分場、鞍手郡鞍手町に鉱害試験地設置。
昭和33年 八女郡黒木町に茶業指導所設置。
昭和56年 筑紫野市吉木に移転。

旧園芸試験場
昭和40年 福岡県立農業試験場園芸分場から、園芸試験場として独立。
同時に果樹指導所を編入。
昭和55年 筑紫野市阿志岐に移転。

旧種畜場
昭和12年 三井郡三国村(現小郡市三沢)に仮事務所設置。
昭和19年 畜産技術員養成所併設。
昭和35年 試験研究機関に指定
昭和53年 筑紫野市吉木に移転。

旧種鶏場
昭和 3年 農事試験場内に仮事務所設置。
昭和 4年 筑紫郡太宰府町(現太宰府市五条)に移転。
昭和35年 試験研究機関に指定。
昭和54年 筑紫野市吉木に移転。
   このように農業関係の試験研究を農業試験場、園芸試験場、種畜場および種鶏場の4場でそれぞれ独立・分散して行い専門的な成果をあげてきたが、地域農業の総合的な発展を図るための試験研究の強化を目的に、昭和56年(1981年)6月に4場を統合して新たに農業総合試験場を設立した。
農林業総合試験場の沿革
 
昭和56年 筑紫野市吉木、阿志岐に農業総合試験場設立。
昭和62年 果樹母木園を廃止し、果樹苗木分場として編入。
平成 元 年 企画調整室を企画経営部に改組。経営環境研究所を生産環境研究所に改称。
生物工学研究室、微生物利用研究室、水稲育種研究室を設置。
平成 2年 茶業指導所を八女分場に改称。
平成14年 鉱害試験地を廃止。
平成15年 生産環境、農産、園芸、畜産の4研究所を廃止し部制を導入。「研究室」を廃止し「チーム制」を導入。
平成26年 森林林業技術センター、病害虫防除所との組織再編により農林業総合試験場に改称し、資源活用研究センターを新設。農林業総合試験場本場に生産環境部(バイテクチーム・環境保全チーム)を新設し、病害虫防除所は病害虫部予察課設置。家畜部と畜産環境部は畜産部として統合。
森林林業技術センターの企画管理部が総務・普及部と改称。研究部を森林林業部に改組し、バイオマス部を新設。食品流通部は流通・加工部として、果樹苗木分場と花き部は苗木・花き部として、資源活用研究センターに編入。
旧森林林業技術センターの沿革はこちら
   農林業総合試験場本場は太宰府政庁の史跡に近く、筑紫野市吉木、阿志岐にまたがる約150haの敷地に位置している。本場には管理部、企画部、生産環境部、病害虫部(病害虫防除所)、農産部、野菜部、果樹部、家畜部の8部、久留米市に資源活用研究センターを設置した。さらに県内農業の地域性と特定作目に対応するために3分場(豊前、筑後、八女)を設けている。
   なお、本場構内には農業大学校、福岡県農業協同組合中央会教育センターもあり、福岡県における農業の研究と教育の拠点となっている。
    前のページへ戻る<<<