前のページへ戻る<<<
福岡県農林産物
知的財産権センター
 
 
 
品種登録制度や育成者権に関するQ&Aです。
 
※ このQ&Aは、問い合わせが多く寄せられる事項について、基本的な説明をしています。
  わかりやすくするため、省略している部分が多々ありますので、詳しく知りたい方は
  農林産物知的
財産権センターへお問い合わせ下さい。
   また、(独)種苗管理センターのホームページにも詳しいQ&Aがありますのでご覧下さい。
 
 
 
初めに
 
品種登録された品種を利用するには、育成者権者の許諾が必要です。
 
これが種苗法で規定されている原則です。
 
 

 
 Q1.種苗を買う度に、育成者権者の許諾を得る必要があるのか?
 
 A1.もちろんそんな手間は不要です。園芸店、ホームセンター、農協などから、正規に
    流通している
種苗を買わなければならないということです。
 


 Q2.園芸店や農協などから買うと、どうして育成者権者の許可を得たことになるのか?
 
 A2.「育成者権者の許可が必要」というのは、「育成者権者に許諾料を支払う必要がある」ということで
    す。販売代金には、既に許諾料が含まれているので、園芸店や農協から適正に種苗を買った時点で、
  「許諾料を払った」ことになり、「許可を得た」ことになります。
 

 
 Q3.「農業者の自家増殖」とは?
 
 A3.「農家個人または農業生産法人」が、「種苗を用いて収穫物を得、その収穫物を自己の農業経営
   においてそのまま次の種苗として用いる」ことをいいます。この行為は適法として認められています。
   但し、一部農林水産省令で定める栄養繁殖をする植物については、違法となりますので注意して下
   さい。


 
 Q4.ランのメリクロン培養などは、「農業者の自家増殖」に含まれるか?
 
 A4.含まれません。収穫物をそのまま次の種苗として用いてはいないため。
 

 
 Q5.果樹の挿し木やイチゴのランナーによる育苗は「農業者の自家増殖」に含まれ
    るか?
 
 A5.「収穫物を次の種苗として用いて」いないのですが、現行法上は「農家の自家増殖」とみなされて
   います。ただし、「自家増殖と見なすべきではない」という意見も強く、今後制度が変わることがあるか
   もしれません。
 

 
 Q6.「農業者の自家増殖」は苗の適正な利用とされているが、一部「適正と見なされない」場合があ
    るとのことですが?
 
 A6.一部あります。
   バラ、カーネーション、ガーベラ、しいたけ等、農林水産省令で定める栄養繁殖植物 (種苗法施行
   
規則別表第3参照)は、農業者であっても自家増殖には育成者権者の許諾が必要です。
    また、個々の品種において、育成者権者が契約で自家増殖を禁じている場合もあり、その場合も
   許諾が必要です。
 

 
 Q7.イモ等、スーパーなどで収穫物として売られているものを、種苗として使うことは認められるのか?
 
 A7.認められません。収穫物として売られているものの価格には、許諾料は含まれていません。
 

 
 Q8.違反者には罰則があるのか?
 
 A8.罰金や懲役といった刑事罰があります。また、育成者権者から種苗や生産物の廃棄や損害賠償の
   請求がなされることがあります。
 

 
 Q9.近所の人が、バラを自宅で増やして苗を知人にプレゼントしているが、これは
   違法なのか?
 
 A9.そのバラが品種登録されているものであれば違法の可能性があります。但し、品種登録期限を
    過ぎた品種であれば、許諾なしに自由に使えます。登録期限は、果樹や花木などの永年性作物
    では最長30年それ以外の作物では最長25年です。
 

 
 Q10.余った水稲苗などを、他の生産者に渡すのもだめなのか?
 
 A10.農協などから買った種苗を、増やさずそのまま他人に譲渡する場合は種苗法上問題ありません。
   しかし、自分が収穫した種籾など自家増殖用の種苗を譲渡することは種苗法違反となります。
 

 
 
 Q11.福岡県外の農業者ですが、水稲「元気つくし」やイチゴ「あまおう」、いちじく「とよみつひめ」、
   柿「秋王」、キウイ「甘うぃ」を栽培したいのですが?
 
 A11.これらの品種は当試験場が福岡県の農業振興のため長年の努力により開発したものであり、
   福岡県が育成者権を持っています。福岡県は県内の契約した農業者だけにこれらの品種の栽培
  を認めています。他県の方がこれらの品種の種苗を購入することはできません。